ホーム > 最新釣果情報

2017年11月09日
投げ釣りで今シーズンの初ガレイ♪

お久しぶりです、スタッフの小林です。

最近は休みの日に台風が来たりと、良い季節に釣りに行けなく、気が付けば冬の狙い物のカレイの話しを聞くようになりましたので、久々に淡路島に行ってきました。

夜中に到着し仮眠をとり、ゆっくりと朝の6時頃から竿を出します。

開始直後は淡路島名物のクサフグにエサを取られてばかりですが、8時位になると少し減ってきたところでフグとは違うあたりで、30cm少しのイシガレイが来てくれました。


早い時間に1匹釣れてくれて気が楽になり、後はマコガレイが来たら良いなと思っているとカレイっぽいアタリがあり、合わすと良い感じ重量感が竿を通して伝わってきます。

これもカレイと思い浮かしますが、色が黒っぽく口が大きかったので慌ててタモで入れたのは、40cm程のヒラメでした。

この二匹で満足し後はエサを消費する為に投げ返します。

11時頃になり帰りの渋滞の事もあるので、そろそろ納竿しようと最後にエサを付け替えて待っていると小さいですが、あたりがあります。

多分フグと思い、たとえカレイだとしても食い逃げしないので放置し、他の竿から仕舞い最後にあたってた竿を合わすと良い重量感が伝わってきます。

沖で浮いたらフグ、足下まで浮いてこなければカレイ、どっちかなぁ~と思いリールを巻いてると茶色い姿が見えてきました。

最後にやる気になったカレイはテトラに向かって突っ込んでいくので、強引に浮かし針が2本掛かってる事を確認し抜き上げると、44cmのマコガレイです。

運良く釣れて美味な魚が食べれると思うと、大満足で帰路につきました。

今回のエサはマムシ、アオイソメ、ユムシと使用しましたが、ヒラメは何故かマムシに釣れ、カレイはアオイソメの房掛け(10匹位)で釣れました。

仕掛けはハリス6号で針はエサにもよりますが、マムシ使用時はカレイ専用の16号、アオイソメの房掛けの場合はふところが広いトーナメントカレイを使用しました。



お名前 スタッフ小林
魚種 カレイ ヒラメ
釣り場 神戸・淡路
釣り方 投げ/ぶっ込み 釣り
エサ マムシ ユムシ 青イソメ
一覧へ戻る TOPへ